車を査定しよう

誰もが、愛車を高く売りたいと思うのは当然です。高いお金を払い、大切にしてきた愛車です。最後も納得できる金額で売れれば、こんなに嬉しいことはありません。次に買う車選びの際にも大きく影響することでしょう。「どうせ高くは売れないだろう」「古いから」と、諦めている人も多いでしょう。しかし、自己判断で売り価格を決めないでください。少しの努力と知識で、想像以上に高く売れる場合もあります。まずは、下取りと買い取りの違いを理解しましょう。「下取り」とは新車を購入する際に、ディーラーに愛車を売って購入資金とすることを意味します。そして、買い取り業者に愛車を売り、現金を得るのが「買い取り」です。具体的に説明すると、下取りは、下取り基本価格表というのがあり、それをベースに価格が決まるので、高価格はあまり期待できません。あくまで新車を購入するということなので、新車の価格との兼ね合いが大きいのです。一方買い取りの方は、市場相場が基本となります。今、この車を市場がどれだけ欲しがっているかが、ダイレクトに価格に反映されます。このように、下取りと買い取りでは大きな違いがあります。愛車の相場をしっかり把握し、標準査定価格を知った上で比較検討してください。ディーラーでも買い取り業者でも、一番はじめの査定価格よりも、交渉次第で金額は上がります。はじめの査定価格は、交渉金額のスタート価格にしましょう。そのため、自ら低価格を決めつけてしまうと損する可能性があります。